【ソウル共同】北朝鮮は30日、外務省日本担当副局長談話を発表し、28日に発射した「超大型多連装ロケット砲」を日本が弾道ミサイルと見なしているとして安倍晋三首相を名指しで非難、「本物の弾道ミサイルがどういうものか遠からず、非常に近くで見ることもあり得る」と警告した。朝鮮中央通信が報じた。

 北朝鮮は日本を射程に入れる中距離弾道ミサイルや長射程のミサイルの発射実験を準備している可能性があり、自衛隊は米軍と共に監視を強化しているもようだ。

 北朝鮮は今月7日にも日朝国交正常化交渉を担当してきた宋日昊大使が「超大型砲」発射への安倍政権の対応を非難する談話を出した。