【ロンドン共同】ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で起きた刃物を使った襲撃事件で、英当局は30日、現場で射殺した容疑者の男は英中部に住むウスマン・カーン容疑者(28)と明らかにした。英PA通信によると、ロンドン証券取引所を標的とした爆弾テロを計画した罪などで、2012年に禁錮刑を言い渡されていた。

 警察当局はテロとして捜査中としている。当局は、切り付けられるなどした2人が死亡、3人が負傷したと発表した。

 英紙タイムズなどは30日、容疑者は約1年前に保釈されていたと伝えた。負傷者の容体は不明。