【新北(台湾)共同】米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権は3日、台湾の新北市の美麗華クラブ(パー72)で最終ラウンドが行われ、47位で出た渋野日向子は6バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算3アンダー、285で39位だった。

 首位で出たネリー・コルダ(米国)は72と伸ばせなかったが、通算18アンダーで並んだカロリーン・マソン(ドイツ)とミンジ・リー(オーストラリア)とのプレーオフを1ホール目で制し大会2連覇を飾った。今季2勝目で通算3勝目。横峯さくらは73で通算7オーバーの65位。