台風19号で大きな被害が出た宮城県丸森町在住のシンガー・ソングライター佐藤多恵さん(31)が、生まれ育った町への思いを込めた歌を歌い続けている。3日に東京で開いたライブでは、義援金を募るとともに、何げない町の日常をつづった曲を披露。「今は大変な状況でも必ず復興できると信じて、音楽を通じて丸森の素晴らしさを伝えたい」と力を込めた。

 「ありがとう ありがとう ここに産まれてこれて 良かったと心から思えるの」

 佐藤さんが「Tae」の名前で活動する音楽ユニット「Tae―chu(タエチュー)」のライブ。キーボードの旋律に乗せ、伸びやかな歌声が会場のカフェに響いた。