平安時代の熊野詣でをほうふつとさせる「熊野古道絵巻行列」が3日、和歌山県田辺市中辺路町の高原地区であった。当時の衣装をまとった45人ほどが、秋晴れの熊野古道と周辺の約1・5キロを歩いた。

 公募の男女と子どもが、法皇、西行法師、尼将軍などに扮し、行列は、高原熊野神社を詣でた後に高原地区を一周した。

 絵巻行列は今年が28回目。初めて行列を見たという大阪府枚方市の無職後セツ子さん(78)は「きれいでした。行事で伝承するのは大事なこと」と話した。