鳥取県と友好提携25年を迎えた韓国・江原道の崔文洵知事が鳥取市内で3日、平井伸治知事と会談した。当初は記念式典を予定していたが、日韓関係の悪化を受けて会談に変更。友好関係のさらなる発展に向け、力を尽くすことで合意した。

 平井知事は会談で韓国語を織り交ぜながら訪問に謝意を示し、「人と人とが理解し合えば平和をつくっていける。ともに未来を築き上げよう」と述べた。崔知事は「長い間の友情は壊れることはない。より一層、交流を拡大したい」と応じた。

 会談後は知事公邸で茶会を開催。崔知事らは説明を受けながら振る舞われた茶菓子や抹茶を楽しんだ。