2日に閉幕したラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会と国際統括団体ワールドラグビー(WR)が3日、大会を総括する記者会見を東京都内で開き、WRのビル・ボーモント会長は「最も偉大なW杯として記憶に残る。日本は開催国として最高だった」と高く評価した。

 ボーモント会長は8強入りを果たした日本代表が来年、イングランドの他に今大会1次リーグA組で対戦したアイルランド、スコットランドともテストマッチを行うことを明らかにした。

 組織委の御手洗冨士夫会長は「ラグビーのうねりを日本に巻き起こしてくれた。オールジャパンで成し遂げた成果」と語った。