任期満了に伴う神奈川県海老名市長選が3日、告示され、無所属新人の経営コンサルタント会社社長氏家秀太(52)、5選を狙う無所属現職内野優(64)、NHKから国民を守る党の党首立花孝志(52)の3氏が立候補を届け出た。投開票は10日。

 9月から実施した家庭ごみ一部有料化や、現市政継続の是非が争点。立花氏は次期衆院選に向けN国の党勢拡大も狙うとし、落選すれば17日告示の奈良県桜井市長選などに出馬するとしている。

 氏家氏はごみ有料化に反対し、多選を批判。内野氏は、ごみの減量化推進や医療、介護の充実を訴える。立花氏は市職員の年収倍増を掲げ、ごみ有料化に反対する。