与野党幹部は3日のNHK番組で、大学入学共通テストへの来年度の導入が見送られた英語民間検定試験を巡って討論した。野党側は「白紙からやり直すべきだ」(国民民主党の後藤祐一政調会長代行)などとして民間活用の撤回も含めて議論するよう要求。与党側は制度設計の不備を認めた上で、今後の在り方について丁寧に話し合う考えを示した。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「民間に任せるのは相当大きな問題だ。試験を作る側と参考書を出す側が一緒になる」と指摘。共産党の笠井亮政策委員長も「民間試験そのものをやめるべきだ」と中止を要求した。