【ヨハネスブルク共同】2日行われたラグビー・ワールドカップ(W杯)の南アフリカとイングランドの決勝で、南アの最大都市ヨハネスブルクのパブリックビューイング(PV)会場では南アが勝利した瞬間、ファンらが喜びのあまりに地鳴りのような大歓声を上げた。「夢のよう」「泣きそうだ」。黒人と白人が一緒になって踊り、熱気が最高潮に達した。

 晴天の下、商業施設の屋外にある巨大スクリーン前には、南ア代表の緑色のユニホームを着たファンら約2千人が詰め掛けた。

 南アがトライを決めると、興奮して飲んでいる途中の缶ビールを空中に投げ出す人も。