【ニューデリー共同】インド政府は29日、2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)成長率が前年同期比4・5%だったと発表した。4~6月期の5・0%からさらに減速。インドメディアによると、13年1~3月期に4・3%を記録して以来約6年ぶりの低水準で、モディ政権が発足してから最低となった。

 米中貿易摩擦などによる世界経済の減速傾向を受け、主力の製造業が伸び悩んだ。農業生産も振るわなかった。

 PTI通信によると、インド準備銀行(中央銀行)はこの日、19年度のGDP成長率の予想を6・9%から6・1%に引き下げた。