小泉進次郎環境相は29日、中曽根康弘元首相の死去を悼んだ。父の純一郎元首相が中曽根氏に政界引退を迫った因縁に触れ「父とぶつかり合うことがあったが、あいさつをした時、笑顔で明るく対応していただいた。懐の深さを学ばないといけない」と東京都内で記者団に述べた。

 中曽根氏は2003年の衆院選に当たり、比例代表の「73歳定年制」を適用しようとした当時の小泉首相から引退を要請された。比例代表の「終身1位」を約束されていた85歳の中曽根氏は強く反発したが、最後は引退を了承した。

 中曽根氏の孫で自民党衆院議員の康隆氏と進次郎氏は同世代。