政府の個人情報保護委員会は29日、個人情報保護法の改正案の骨子を発表した。インターネットサイトの閲覧履歴などを別の企業に提供する際、提供先が持つ個人情報と結び付けて本人が特定できる場合は利用者の同意を義務付ける。また、第三者提供の際に同意を得るなど手続きが適正になされていたとしても、データの利用自体が不適正な場合は規制の対象とする。

 巨大IT企業を中心にデータの活用が広がる中、個人の権利保護を強化する。年内に詳細を詰め、来年の通常国会に改正法案を提出する方針。

 同意を義務付けるのは「クッキー」と呼ばれるサイト閲覧履歴の情報が主な対象。