【マドリード共同】空手のプレミアリーグの今季最終戦は29日、マドリードで開幕し、形女子で今季プレミアリーグで3勝の清水希容(ミキハウス)と昨年の世界女王サンドラ・サンチェス(スペイン)が12月1日の決勝に勝ち上がった。

 組手の女子50キロ級で昨年の世界選手権覇者の宮原美穂(帝京大職)は3回戦でウズベキスタン選手に敗戦。多田野彩香(高栄警備保障)は準々決勝でアゼルバイジャン選手に敗れた。

 組手男子は60キロ級の佐合尚人(高栄警備保障)が2回戦でエジプト選手に屈した。67キロ級の篠原浩人(マルホウ)は準決勝でイラン選手に敗れた。