ラグビーのワールドカップ(W杯)を制した南アフリカ代表で、トップリーグのNTTコミュニケーションズに新加入したフッカーのマークスが29日、東京都内で記者会見し「(チームの)選手の運動量や素早さに驚いている。南アフリカとは違う、フィールドを広く使うスタイルだが、順応し、選手としての幅を広げたい」と新天地での活躍を期した。

 マークスは189センチ、112キロの体格を生かしたセットプレーの強さと突破力を誇る世界的選手。昨季5位のチームはオーストラリア代表SOリアリーファノ、パナソニックから移籍してきたWTB山田ら大物選手を補強して初優勝を目指す。