自民党の稲田朋美幹事長代行が代表を務める資金管理団体「ともみ組」が、秘書の交通反則金1万5千円を政治資金で支出していたことが、29日総務省が公表した2018年分政治資金収支報告書で分かった。

 稲田氏の事務所は共同通信の取材に「道義上不適切な支出だった」と回答し、収支報告書を近日中に訂正する方向だとした。昨年、東京都内で秘書が業務中に駐車違反をし、警視庁に違反金を納付した。事務所の担当者は「業務中だったので政治資金から支出可能と判断した」と説明した。

 収支報告書によると、昨年10月11日に「交通反則金」として支出に計上した。