ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、日本人で唯一、審判員を務めた久保修平さん(38)が29日、出身地の福岡県大野城市の井本宗司市長を表敬訪問し、日本で開催された大会で「アシスタントレフェリー(副審)を務められたのは誇りだ」と報告した。

 日本人審判員のW杯参加は20年ぶり。井本市長は「日本のラグビー界に立派な足跡を残された」と称賛した。

 久保さんは対談後、世界トップクラスの外国人審判員の中で「バックグラウンドの異なる審判団が一つになることを心掛けた。アジアのレフリング(審判)のレベル向上に貢献したい」と報道陣に語った。