米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の戦闘機部隊で規則違反が横行していた問題で、防衛省は29日、米側から新たに伝えられた是正措置を公表した。岩田和親防衛政務官は山口県で福田良彦市長や村岡嗣政知事とそれぞれ面会し、地元自治体への説明が不十分だったと陳謝した上で、措置の内容を説明した。

 米側の説明によると、操縦席への持ち込み禁止物の確認や、操縦中の動作、搭乗前に服用すべきでない薬に関する教育を改めて搭乗員に徹底しているという。

 岩国市役所で福田市長と面会した岩田氏は、米軍報告書の公表を受けた10月の市への説明は詳細ではなく、不十分だったと陳謝した。