大阪府吹田市立小の小学5年の女児が1、2年生当時にいじめを受け学校や市教育委員会が放置していた問題で、大阪府教育委員会は29日、適切な対応をせずに深刻化を招いたとして、いじめが発生した当時の男性校長(60)を戒告の懲戒処分にした。

 いじめ発生時に教頭として勤務していた女性校長(48)は厳重注意とし、担任を務めていた講師は任用期間が終了しているため処分しなかった。

 女児は1年生だった2015年秋から17年3月までの約1年半、同級生の男児5人から暴力を受け、左足首骨折や心因性の視力障害を負った。