福岡県小郡市の住宅で2017年6月、母子3人が殺害された事件の裁判員裁判で、殺人罪に問われた元県警警察官中田充被告(41)の被告人質問の公判が29日、福岡地裁で開かれた。被告は、殺害したとされる妻由紀子さん=当時(38)=との不仲を認め「私が期待に応えられなかったからだと思う」と述べた。

 また、仕事と偽り友人宅に泊まることがあったとし「妻との接触機会を減らすためだった」と説明した。

 被告は逮捕段階から一貫して無罪を主張。有罪か無罪かを判断するための審理はいったん終結しており、この日は主に、量刑の判断材料となる情状に関するやりとりがあった。