福岡県出身で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で活躍した福岡堅樹選手(27)が29日、県警粕屋署の一日署長として年末年始の特別警戒活動に参加した。福岡選手は「安全、安心という大きな目標に向かって、地区全体でワンチームになって警戒活動に臨みましょう」と呼び掛けた。

 年末年始を前に金融機関やコンビニを狙った強盗被害が増える中、制服姿の福岡選手は、粕屋町の商業施設駐車場で警戒活動の出陣式に参加。性犯罪予防のためのアプリを紹介するチラシなどを住民に配布し、防犯意識を高めるよう訴えた。