【ロンドン共同】サッカーの欧州リーグは28日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、F組でアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)の鎌田大地がアーセナル(イングランド)戦で後半に2得点し、2―1の逆転勝利に貢献した。鎌田と長谷部誠はフル出場し、チームは勝ち点9として1次リーグ突破へ前進した。

 L組ではパルチザン(セルビア)の浅野拓磨がAZアルクマール(オランダ)戦で先制点を挙げた。フル出場したがチームは2―2で引き分けて敗退が確定。菅原由勢が後半15分から出場したAZは勝ち点9とし、32強による決勝トーナメント進出を決めた。