【ソウル共同】聯合ニュースは28日、日本の経済産業省と韓国の産業通商資源省が安全保障上の貿易管理について本格的な議論に入るために、双方の課長級が同日、協議を始めたと報じた。韓国政府関係者の話としている。韓国側は今後、局長級対話につなげ、日本の一連の輸出規制強化を撤回させたい考え。

 聯合によると、課長級協議では、局長級対話の時期や場所、議題などを調整したという。

 韓国政府は22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を当面維持すると発表。この際、日韓が貿易管理に関する対話を始めることで合意したことを明らかにした。