鹿児島市は28日、同市内にある医薬品開発受託・研究会社「新日本科学」の動物実験施設で、技術員1人がサル由来のBウイルスに感染したと発表した。感染事例は世界でも50例程度で、国内での確認は初。サルとの直接接触などで感染するとされ、空気感染はなく、拡大の恐れはないという。

 市によると、技術員は今年2月に頭痛や発熱で医療機関を受診。11月に入り、鹿児島大病院が感染を確認し、国立感染症研究所などが調査していた。現在も加療中だが、市はプライバシーに関わるとして詳しい症状を明らかにしていない。

 新日本科学によると、技術員は防護服を着て作業していた。