カシオ・ワールドオープン第1日(28日・高知県Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)47歳でツアー通算12勝の宮本勝昌が7バーディー、1ボギーの66で回り、単独首位に立った。1打差の2位に川村昌弘、堀川未来夢、香妻陣一朗、小林伸太郎が続いた。

 賞金ランキングトップで、今大会で勝てば無条件で2季連続の賞金王が決まる今平周吾は74で84位と出遅れた。アマチュアの杉原大河(東北福祉大)は68で6位、今季2勝の石川遼は69で14位につけた。(賞金総額2億円、優勝4千万円、出場108選手=アマ6、雨、気温11・8度、北北西の風0・8m、観衆1443人)