夏冬両五輪出場を目指して東京五輪の追加種目スケートボード・パークに挑戦している平野歩夢(木下グループ)が28日、住友ゴム工業が展開するブランド「ファルケン」の新チーム発足会見に出席し「残り少ない時間だが、今できるベストを突き詰めて頑張りたい」と意気込みを口にした。

 本格転向1年目の昨季は世界選手権で準決勝に進むなど、五輪へのポイントレースで日本男子の最高成績を残した。ただ、今季開幕戦は予選で敗退。「(五輪銀メダルの)スノーボードと共有できることを探している。頭も体もフルに動かしている。思ったよりも大変」と本音も漏らした。