東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで8月、ライフジャケットを着用した小学3年の女児=当時(8)=が溺死した事故で、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は28日、原因究明と再発防止に向けた調査を始めると明らかにした。女児は、水面に浮いたアスレチック型のエア遊具の下に入り込んで事故に遭った。

 事故調によると、同じタイプのエア遊具は、国内のプールや海など少なくとも31カ所に設置されている。死亡事故は他に把握していないが、普及が進んでいることに鑑み、調査を決めた。