スピードスケート・ショートトラックW杯名古屋大会は29日、名古屋市ガイシプラザで開幕する。28日に公式練習が行われ、男子の吉永一貴はW杯第3戦に向け「目指すのは表彰台。いつも通りできれば結果が付いてくると思う。レースを楽しめれば」と地元での活躍を誓った。渡辺啓太は「自国開催でプレッシャーはあるけど、うまく力に変えて勝ちきるレースがしたい」と意気込んだ。

 女子の菊池純礼は今季、重点的に取り組んできた爆発的な加速に手応えを感じている様子。日本でのW杯を迎え「すごくわくわくした気持ち。世界とどれだけ戦えるか、自分の立ち位置を確認したい」と語った。