2019年に最も話題になった出来事は「平成から令和へ」―。三井住友銀行系のSMBCコンサルティング(東京)は28日までに、今年の「ヒット商品番付」を発表した。東の横綱には改元を、西の横綱には快進撃を見せたラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本代表をそれぞれ選んだ。

 大関には、東にノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰氏、西は女子ゴルフの渋野日向子選手と米プロバスケットボールNBAの八村塁選手を選んだ。

 関脇は定額制の「サブスクリプションサービス」とキャッシュレス決済による「消費税ポイント還元」だった。