【フェニックス共同】米プロバスケットボールNBAは27日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁はフェニックスでのサンズ戦に開幕から16試合連続で先発出場し、約31分プレーして6得点、6リバウンドだった。チームは140―132で勝って連敗を2で止め、6勝10敗とした。

 八村は攻撃面では第3クオーターにダンクシュートを決めた以外では見せ場が少なかったが、守備で貢献した。