菅義偉官房長官は28日の記者会見で、廃棄された「桜を見る会」の招待者名簿の電子データについて「復元はできないと聞いている」と述べた。技術的に復元が可能かどうかについては答えなかった。

 名簿廃棄の経緯について、内閣官房、内閣府の公文書管理ルールに従った措置だと重ねて説明。電子データの復元は技術的にできないのか、ルール上できないのかと質問され「ルールに基づいて対応している」と述べるにとどめた。

 野党は、桜を見る会に反社会的勢力が出席した疑惑があると指摘。実態解明のために名簿のデータを復元するよう求めている。