トランポリンの東京五輪予選の世界選手権は28日、五輪テスト大会を兼ねて東京・有明体操競技場で開幕し、個人予選の女子は森ひかる(金沢学院大ク)が105・065点で3位に入り、5位の土井畑知里(三菱電機)、6位の佐竹玲奈(アポロメディカル)とともに30日の準決勝に進んだ。宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は7位で突破できなかった。

 男子は堺亮介(星稜ク)が110・760点で12位となり、14位の海野大透(静岡産大ク)、16位の上山容弘(ベンチャーバンク)とともに通過した。

 団体予選で日本は女子が2位、男子が4位となり、29日の決勝に進出した。