カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡り、北海道は誘致申請を見送る方向で調整に入った。政府関係者が28日、明らかにした。自然環境への影響や道議会で過半数を占める自民党会派に慎重意見があるのを踏まえたとみられる。29日に道議会の一般質問が始まり、道関係者によると鈴木直道知事が同日にも是非を表明する見通し。

 鈴木知事は28日午前、報道陣の取材に「まだ結論は出していない」と述べた。

 道は新千歳空港に近い苫小牧市を優先候補地として誘致を検討し、地域説明会や道民の意向調査を実施。4月に就任した鈴木知事は「プラスマイナス両面を勘案し年内に判断する」としていた。