ウィリアム・ラッケルズハウス氏(元米司法副長官)米メディアによると、27日、西部ワシントン州シアトルの自宅で死去、87歳。死因は明らかになっていない。

 32年、米中西部インディアナ州生まれ。司法副長官を務めていた73年、ウォーターゲート事件の渦中に起きた「土曜日の夜の虐殺」と呼ばれる騒動の際、当時のニクソン大統領の命令を拒否して辞任したことで知られる。環境保護局(EPA)の初代長官も務めた。(ニューヨーク共同)