パナソニックが半導体事業から撤退することが28日、分かった。台湾の半導体メーカー、新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に事業会社の株式を売却する。赤字が続いていた半導体事業を手放し、成長分野に集中投資することで抜本的な構造改革を進める。

 半導体を巡っては、かつて日本の電機メーカーが高いシェアを握っていたが、韓国や台湾メーカーの台頭で競争力が低下。パナソニックの撤退で、さらに地位低下に拍車がかかる。

 パナソニックは半導体事業の中核となるパナソニックセミコンダクターソリューションズ(京都府長岡京市)を売却する。