【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、デモが続く香港の人権や自治、民主主義を支援する「香港人権・民主主義法案」に署名し、同法が成立した。香港の高度な自治を認めた「一国二制度」を中国が順守しているかどうか米政府が毎年検証することを定めており、人権侵害に関与した当局者に制裁を科すことも可能になる。中国は「内政干渉」と猛反発しており、報復措置を取る構えだ。

 米中対立が一層激化し、難航する米中貿易協議に影響が出る可能性もある。中国外務省は28日、同法成立に「断固反対」と反発するコメントを発表。香港政府も「香港と米国間の関係と利益を損なうものだ」と批判した。