経営再建中の中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は27日、会社資金を着服したとして懲戒解雇した元経理担当幹部から、着服とは別に「過年度決算で不適切な会計処理を行っていた」との通知を受け取ったと発表した。元幹部は当時の経営陣からの指示だったと主張。JDIは指摘を受け、内部調査を始めた。外部の専門家にも調査を求める。

 JDIは、元幹部の指摘に対して「当社決算は入念な精査を実施している。適切な会計処理が行われてきたと考えている」とコメントした。その上で過年度決算を再調査することを決めたという。ただ、具体的な通知内容の言及は避けた。