【ニューデリー共同】チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで27日、チベット仏教の高僧が集まる会議が開かれ、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(84)の後継者選出方法はダライ・ラマだけが決められるとする決議を採択した。亡命政府が明らかにした。中国が後継者選出に介入することを明確に拒否し、伝統的な「輪廻転生」制度の継続も求めている。

 決議では中国政府が後継者を指名した場合は「チベット人は(後継者として)認めず、尊重しないだろう」とした。その上で、輪廻転生が続くことの重要性を主張した。