巨人で初めてポスティングシステムを利用して米大リーグ挑戦を目指す山口俊投手が27日、アドバイザリー契約を結ぶ大阪市のザナックス社を訪れた。来季のグラブを赤茶色にすることを明らかにし「赤のグラブはルーキー時代に使って以来。メーカーさんも新しい色として売り出すので、一緒に新たな気持ちでいけたら」と新天地への意気込みを語った。

 巨人で初めてポスティングシステムの利用を容認され、世間には賛否の声があるが「励みになる。この世界でやる以上は結果が全て。体一つ、右腕一本で結果を出せればいいと思っている」と覚悟を口にした。