トランポリンの東京五輪予選の世界選手権は28日、五輪テスト大会を兼ねて東京・有明体操競技場で開幕する。日本勢は27日、会場での公式練習で最終調整し、女子のエース森ひかる(金沢学院大ク)は「自分のやりたいことができた。調整はばっちり」と自信を示した。

 日本体操協会の選考基準で、12月1日の男女個人決勝に進出した日本勢で最上位が五輪代表に決まる。男子の岸大貴(ポピンズ)は「五輪とかを変に意識せず、いい緊張感でやれている」と話した。

 五輪会場で新設の同競技場は10月に完成し、大会で使われるのは今回が初めて。