立憲民主党など野党は27日、首相主催の「桜を見る会」への反社会的勢力出席問題を巡り、実態解明に本格的に乗りだした。追及本部の会合を急きょ開き、警察庁の担当者らを呼んで聞き取り調査を実施した。招待者選定の責任者である菅義偉官房長官の責任を問う構えだ。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「セキュリティー以前の重大な問題だ。官房長官の責任は極めて重い」と述べた。

 国会内で開かれた追及本部の会合で、事務局長の黒岩宇洋氏(立民)は「深刻な、闇深いステージに突入してしまった」と強調した。

 野党側は写真も示したが、警察庁側は確認を避けた。