トヨタ自動車と西日本鉄道、JR九州は27日、福岡市と北九州市で目的地への経路を検索すると、鉄道や路線バス、カーシェアリングなどを使った最適な方法を案内するスマートフォン向けアプリ「マイルート」を28日から本格的に稼働すると発表した。

 トヨタと西鉄が福岡市で昨年11月に実証実験を始めており、JR九州が加わって北九州も対象に入った。今後も対象都市や連携する事業者を広げる計画で、記者会見したトヨタの担当者は「福岡と北九州のモデルケースを大切に全国に広めていきたい」と語った。

 トヨタと西鉄によると、今年10月末までの1年間のダウンロード数は約3万件に達した。