福岡県田川市の自宅で昨年11月下旬に当時1歳4カ月の三男にエアガンを発射したとして、傷害の疑いで逮捕された夫婦について、県警は27日、三男を十分に世話せず、低栄養状態による肺炎で翌12月に死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年9月上旬ごろから同12月1日にかけて、医師の診察を受けさせず、自宅に置き去りにして外出するなどし、重度の低栄養状態による肺炎で死亡させた疑い。

 県警によると、再逮捕されたのは、常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)。三男唯雅ちゃんの体重は死亡時、平均の約10キロを下回る約6キロ以下だった。