巨人の山口寿一オーナーは27日、山口俊投手が球団で初めてポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指すことを容認したことについて「海外フリーエージェント(FA)権を取得して挑戦というのが基本であるというのが、従来と変わらない考え」と強調した上で「個別のケースに関しては(ポスティングを)検討していく余地は出てくる」と述べた。

 巨人では菅野智之投手が大リーグ挑戦の夢を語っている。山口オーナーは「菅野の場合はドラフトで1年待ってジャイアンツに来てくれた。その分、海外FA権を取得する時期も後の方にずれている」とし「現状では何とも申し上げられない」と話した。