巨人の亀井善行外野手が27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円増の年俸1億1千万円でサインした。プロで15年間プレーして初めて大台を突破し「小学校からの夢だったからそこに乗せられたのはうれしく思う。さらに上を目指して頑張りたい」とうなずいた。

 今季は定位置を獲得し、131試合に出場して打率2割8分4厘、13本塁打、55打点で5年ぶりのリーグ優勝に貢献し「ジャイアンツでレギュラーを取るのは大変だなと実感している」と息をついた。(金額は推定)