東京・上野の人形メーカー「真多呂人形」は27日、今年の世相を映した変わりびなを発表した。天皇陛下の即位や、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で初の8強入りを果たした日本代表など六つの題材を取り上げた。

 ゴルフのAIG全英女子オープンで優勝を果たした渋野日向子選手らの「世界びっくりルーキー」びな、ノーベル化学賞受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さんらを表現した「リチウムイオン電池の父」びななども披露された。

 真多呂人形の金林健史社長(57)は「新元号の令和になり、ラグビーW杯も日本代表の選手が活躍するなどめでたいことが多い1年だった」と語った。