名古屋市北区のマンションで2016年8月、受験勉強を指導していた小学6年の長男=当時(12)=を刺殺したとして殺人罪に問われた佐竹憲吾被告(51)の控訴審判決で、名古屋高裁(堀内満裁判長)は27日、懲役13年とした一審名古屋地裁判決を支持し、控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 殺意を認定した7月の一審判決を不服として弁護側が控訴。傷などの状況から意図せず刃物が刺さった可能性があるほか、勉強させるため刃物で脅した行為には、被告の自閉スペクトラム症の影響があったと訴えた。