山口県美祢市は27日までに、同市の秋吉台国定公園で2017年に山焼き作業中の男性が焼死した事故で、市の安全対策が不十分だったとして遺族に賠償金を支払うことを決めた。

 市は賠償額を明らかにしていないが、関係者によると約4700万円となる見通し。支払いのための議案を来月3日から始まる市議会定例会に提出する。

 事故は17年2月に発生。山焼きのため枯れ草に火を付けていた同県防府市の男性=当時(48)=が、火に巻き込まれて全身にやけどを負い死亡した。

 山焼きの主催者の対策協議会は、市が安全対策の徹底を怠ったなどとする調査結果を昨年7月に市へ提出していた。