自民党の河井克行前法相の妻で、同党の河井案里参院議員の選挙事務所が運動員に法定の上限を超える報酬を支払ったと報じられた問題で、神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)らが27日、公選法違反の疑いで夫妻と案里氏の秘書に対する告発状を広島地検に発送した。それに先立ち、大阪市で記者会見を開き、上脇氏は「検察が捜査を尽くせば間違いなく有罪になる」と話した。