27日午前5時50分ごろ、福島県下郷町の会津鉄道会津線湯野上温泉―塔のへつり間で、走行中の列車が線路に流入した土砂に乗り上げ脱線した。乗客乗員12人にけがはなかった。運輸安全委員会は鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。

 国土交通省によると、会津田島発会津若松行きの2両編成で、運転士が非常ブレーキをかけたが間に合わず、先頭車両が脱線した。

 会津鉄道によると、乗客は通学途中の生徒が多く、職員の誘導で線路上を歩いて避難し、連絡を受けた家族などが迎えに来たという。

 会津田島―西若松間が運休している。